JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

これからTwitterをはじめる担当者の方へ、Twitterは質より量をおすすめします

これからTwitterをはじめる担当者の方へ
佐野直紀

Webコンサルタント
佐野 直紀

ビジネスヒント

Twitterをビジネスに活用することで、顧客やパートナー、従業員に企業の日常を簡単に伝えることができます。しかし、実際にTwitterを始めると多くの人が、更新するのは難しい、あるいは煩わしいと感じることもあります。

本記事では、そんなTwitter活用が難しい理由を探求し、簡単な更新方法を紹介します。

Twitterのビジネス利用が難しい理由とは?

Twitterのビジネス活用が難しいのは、時間と手間がかかるからです(すべてのSNSにも言えますが…)。
また、趣味で使うわけではないので、Twitterに集まる情報もツイートする内容も、担当者の方にとって興味がある内容とは言えません(仕事が趣味の人は別)。

また、企業アカウントには、「炎上したらどうしよう」とか、「承認貰わなきゃ」とか、趣味のツイートにはない特別なハードルが山ほどあります。

他にも、お客様からよくいただくご相談として

  • まず、ネタがない!(圧倒多数)
  • 趣味でもないのに定期的な投稿はできない
  • 本業が忙しいからそんな時間はない
  • 知識やスキルを習得するのがめんどう

どれをとっても、Twitterのビジネス活用は大変そうに見えます。

Twitterは質より量を取る!

私も会社用のTwitterを運用しています。10年前に作ってしばらく更新していませんでしたが、後輩から「顧客に勧めるのになんでやってないんですか?」と言われ「それは…」と言い訳するのをやめて再開しました。そのため、ツイートについてはまったくの素人です。

お客様からいただくご相談と同じく、私もネタ探しに苦労します。
私の場合はビジネス活用として割り切った使い方してます。

  • 目的を決める(私は、私と事業の宣伝)
  • だから、凝った内容は考えない
  • 1日1ツイートが重要

宣伝目的なら、質より量。なぜなら、タイムライン上に自分のツイートが表示されなければ、Twitter上では存在しないことと同じだからです。

Twitterのタイムラインは、たくさんの面白いコンテンツが流れています。その中で目立とうと思っても最初はなかなかうまく行きません。そのため、ツイートの質を追求するよりも、ツイート量を増やして、ロゴやメッセージを見てもらう機会を多く作ることが、経済的に合理的です。

というわけで、まずはツイート量を増やし、目立つ機会を増やしましょう。最終的には、見る人に有益な情報をお届けすることが大切ですが、最初は量を積み重ね、質を向上させる「量質転化」から始めることをおすすめします。

そして、ネタ。日常業務にはネタがあるはず

私は週の半分を営業活動に、もう半分を生産活動に使います。

営業活動のツイート

営業活動の時は、外出先の様子やお客様との商談現場をツイート(その場で許可を取る!)

生産活動のツイート

生産活動で社内にいる時は、日常風景をツイートします。日常風景は、仕事風景や社内行事、窓からの風景などです

業務フローに合わせたTwitterの更新であれば、戦略的な投稿やクリエイティブな発想が不要になり、敷居が低くなります。Twitterの更新を担当する方にとって負担は少なくなります。

シアンスは、Twitterの更新をサポートしています

「業務フローに合わせたSNSの更新で定期的なツイートを」と言っても、結局手を動かす人は大変。頑張って始めても、続かないことも。

そんな担当者の方に、シアンスは、更新サポートを提供しています。

更新をサポートと言っても、更新するのはお客様です。当社がサポートするのは、Twitterを使った広報体制の構築をサポートします。Twitterのみのサービスではなく、お知らせやブログ、Instagramなどを含む、広報体制の構築サポートです。

採用応募者への情報発信やインナーブランディング、販売促進など、目的に応じた記事の書き方のレクチャーを行った上で、運用に当たってのスケジュール作成や原稿収集プランをご提案。運用時は、お客様の更新状況を確認し、その都度適切なアドバイスやサポートを提供します。

事業や採用における年間計画をもとに、広報コンテンツ更新の方向性をコンサルティングします。

  • 専用のタスク管理ツールを提供
  • 記事内容のご提案
  • 記事タイトルやサムネイル画像の作成方法をレクチャー
  • 原稿の収集方法からネタ探し方法までをサポート
  • 当社のサポート担当がお客様の更新状況をチェック

広報体制構築サポート

関連サービス

この記事を書いた人

佐野直紀

Webコンサルタント

佐野 直紀

株式会社シアンスの執行役員。Webコンサルタントとして、BtoB企業のWebサイト制作を数多く手掛ける。
クライアント企業の事業戦略や採用計画に基づいた、Webサイトの企画・設計・提案を得意とする。