JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

あなたのビジネスを守るWebサイトのメンテナンス

橋本彩乃

テクニカルディレクター
橋本 彩乃

ビジネスヒント

お世話になってます。橋本です。
今回はビジネスにとって重要な、Webサイトとサーバーのメンテナンスについてお話しします。
新しいWebサイトを立ち上げ、刷新されたデザインと機能に満足しているかもしれませんが、それだけで安心してはいけません。Webサイトは見た目やニュースの更新だけでなく、裏側のメンテナンスも大切です。なぜなら、Webサイトのパフォーマンスやセキュリティは、そのメンテナンスに大きく依存しているからです。

ミドルウェアとCMSの役割とアップデートの重要性

Webサイトを動かすためには、ミドルウェア(例えばPHPやMySQL)やCMS(例えばWordPress)が必要です。Webサーバーを家に例えると、ミドルウェアはガスや電気等のインフラ、CMSは家具のイメージです。これらは定期的なメンテナンスやアップデートが必要で、なおかつ重要です。なぜなら、新しい機能を追加するだけでなく、セキュリティの脆弱性を修正したり、パフォーマンスを向上させたりするために行われます。

メンテナンスを怠ると起こる問題

これらのアップデートを怠ると、何が起こるでしょうか。

相対的なユーザー満足度の低下

はじめに、アップデートをしないことそのものに機能の悪化はありません。しかし、前述の通りアップデートには新しい機能が追加されるだけでなく、既存の機能の最適化やパフォーマンス改善が含まれることが多いです。これにより、Webサイトのロード時間が短縮され、結果的に表示速度の向上が見込まれます。また、ミドルウェアやCMSが古いままであると、新しい技術や標準に対応できない可能性があります。これにより、最新のブラウザでWebサイトが適切に表示されない、あるいは最適な速度で動作しないといった問題が生じる可能性があります。

つまり、表示速度が向上できる施策を実施しない、かつ最新のブラウザに対応できない二重の問題ということになります。そこで他社がアップデートに対応している場合、相対的に自社のWebサイトの表示速度が低下している印象を与えることになり、Webサイトを離脱する可能性が高くなります。これは、お客様の利用満足度に直接影響します。

セキュリティリスク

そして、サーバーに組み込まれているミドルウェアやWebサイトを構築するソフトウェアはある程度の期間を過ぎるもしくは問題が発生すると配布元がサポートを終了します。サポートが終了したミドルウェアやCMSを利用し続けると、セキュリティの問題が生じる可能性が高くなります。これにより、Webサイトが攻撃を受けやすくなり、攻撃による負荷がかかることでWebサイトの表示に影響が発生します。セキュリティの問題が発生した場合、Webサイトを一時的に公開停止にする必要が出てくる恐れもあります。

問題を防ぐために

これらの問題を防ぐためには、2点が重要になります。

サーバー会社からのお知らせを確認する

多くの方はレンタルサーバーを利用してWebサイトを運用されていると想定すると、まずサーバー会社のお知らせは必ず確認することをお勧めします。サーバー会社からのお知らせは、新しいアップデートやセキュリティの脆弱性についての重要な情報を提供します。特に、サーバー会社は公式のサポート開始・終了とラグがあることが多く、いつバージョンを追加・廃止にするかは会社の方針によります。ですのでサーバー会社からのお知らせはかなり重要になります。このお知らせを確認することによってスムーズな対応が可能になります。

専門家のサポート

また、メンテナンスやアップデートは専門的な知識を必要とするため、不明な点がある場合は専門家の意見を求めることが有効です。サーバー会社からのお知らせを共有し、適切なアップデートのタイミングや方法を相談することができます。

実際にアップデートを実施するパートナーのサポートも重要です。これらのアップデートを適切に行い、問題が発生したときに迅速に対応することで、Webサイトのパフォーマンスとセキュリティを保つのに役立ちます。

まとめ

以上、WebサイトとWebサーバーのメンテナンスの重要性について深く掘り下げてきました。見た目だけでなく、裏側のメンテナンスも重要であることがお伝えできれば幸いです。Webサイトの更新、定期的なメンテナンス、信頼できるパートナーの選択など、これら全てがビジネスの成功に繋がります。ぜひメンテナンスの視点でもWebサイトをチェックしてみてください。

 

関連サービス

この記事を書いた人

橋本彩乃

テクニカルディレクター

橋本 彩乃

開発チームのリーダーとして、システム開発の全プロセスに携わる。ユーザー側とシステム側、両視点からの設計・提案により、成果物の品質を確保する。ドメインやサーバーに関する知見も豊富。