JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

新潟中小企業の採用戦略#01 U・Iターンでキャリア採用を成功させるには?

デジマックス


デジマックス

ビジネスヒント

近年激化する地方での人材獲得競争の中で、優秀な学生が大企業や競合他社に取られてしまい、深刻な人材不足に陥っている企業が増えてきています。新潟県の中小企業もその例に漏れず、このような状況の中で採用戦略を転換しU・Iターンを中心としたキャリア採用に力を入れようと考えている採用担当者の方も多いのではないでしょうか?

とはいったものの、多くの場合人材の獲得には膨大な費用がかかります。競争が激化する中、求人サイトやエージェント等の求人媒体のコストパフォーマンスは必ずしも良いと言える状況ではありません。U・Iターンのキャリア採用にも興味を持っているけれど、具体的にどんな戦略を持てばいいかわからない、という場合がほとんどです。

そのような課題を解決に導くため、この記事では、企業の魅力を最大限に活かし、U・Iターン採用と、それを成功させるための戦略について詳しく解説していきます。

U・Iターン採用とは

まずは改めて、U・Iターン採用についておさらいしましょう。Uターン採用は、出身地から離れた場所での学びや就職後、元の地域へ戻る際の採用を指し、Iターン採用は出身地以外の新しい地域での採用を指します。これらは、地方都市の人材不足を補うためや多様な経験を持った人材を獲得する企業にとっての有効な手段として注目されています。

Uターン採用のメリット

Uターン採用の大きなメリットは、地域への熟知度が高い人材を獲得できる点です。既にその地域に関する文化や顧客ニーズに対してある程度の知識を持っている場合が多いため、それらに対して迅速に対応することが可能となります。地元への愛着や繋がりから、離職率が低くなる傾向もあり、長期的な人材確保も期待できます。

またUターン採用では、都市部での経験やノウハウを持った人材が戻ってくることも多いため、新しい視点やアイディアを持ち込むチャンスも増えます。このことは、革新的なアプローチや地域の伝統を生かした新しいビジネスモデルの創出に繋がり、企業の競争力を向上させる要因となり得ます。

Iターン採用のメリット

Iターン採用の一つの特長は、新しい視点や発想をもたらす人材を取り込むことができる点です。出身地と異なる地域から来る人は、地域固有の課題や機会に異なる角度からのアプローチを持っている場合が多く、これが新たなビジネスチャンスを生む原動力となることがあります。

また、Iターン採用を行うことで、地域が持つ資源や魅力を外部からの視点で再評価するきっかけにもなります。外から新たに移住する人材が、地域の魅力を内外に伝えるアンバサダーとしての役割を果たすことも少なくありません。

新潟県でのU・Iターン採用の現状

地方都市や町村は、過疎化や経済の停滞に対処するために、U・Iターンを奨励するさまざまな施策を実施しています。例えば、移住者に対する住宅の提供や補助、地元の企業や町村での雇用機会の創出や紹介など、地方行政はこれらの施策を通じて地域に新しい住民や労働力を呼び込むことで、地方の活性化や経済の再生を目指しています。

もちろん新潟県でも同様であり、都市部からのUターンやIターンを奨励する動きがあります。以下は新潟県内で行われている、U・Iターンを奨励する主な取り組みです。

新潟U・Iターン総合サイト にいがた暮らし

新潟県では、新潟へのUターン、Iターン、移住に関する情報を掲載するWebサイトを運用しています。新潟県での仕事や住まい、地域のイベント情報、U・Iターンした人々のインタビュー、空き家情報、そして各自治体の支援策の検索機能など、新潟県に関する幅広い情報が手軽にアクセスできるようになっています。新潟県への移住やU・Iターンを検討している人々にとって、このサイトは新しい生活の第一歩としての重要なリソースとなっています。

にいがた暮らし – 新潟へのUターン、移住情報が満載!

新潟市就職応援サイト にいがたで働こう

新潟市での新しい仕事や生活を探している人々を対象とした就職応援サイトです。新潟市での就職や転職をサポートするための情報が提供されており、新卒や中途採用の求人情報のほか、Uターン・Iターン経験者の体験談や生活に関する情報も紹介されています。サイト内には「企業ガイドブック」や「働きやすい職場づくり実践企業」、「企業のちょこっとコラム」などの情報が掲載されているようです。これらの情報は、新潟市での就職や転職を考えている人々にとって有益な情報源となるでしょう。

にいがたで働こう

移住支援金

新潟県の移住支援金制度は、東京圏からの移住者に最大100万円の支援を提供するもので、単身者は60万円、家族世帯では子供一人につき最大100万円が支給されることもあります。企業はこの制度を活用して、新潟県への人材の移住や採用を促進することができ、特に家族を持つ従業員の移住をサポートする際のアピールポイントとして活用することで、新潟県内での事業展開や人材確保を強化することが可能です。

【移住支援金】東京圏から新潟県へ移住した方に最大で100万円を支給します – 新潟県ホームページ

Uターン促進奨学金返還支援事業

新潟県の「Uターン促進奨学金返還支援事業」は、県内にUターンして就業した若者の奨学金返還を支援する制度で、新潟県出身、特定の学歴を持ち、県外での就業期間が1年以上、転入時の年齢が30歳未満などの条件を満たす者が対象です。企業はこの制度をアピールポイントとして、新潟県へのUターンを希望する若手人材の採用を促進することができ、奨学金の返済負担が軽減されることで移住のハードルも下がります。

Uターン促進奨学金返還支援事業「Uターン転職した方の奨学金等の返還を支援します」 – 新潟県ホームページ

U・Iターンでキャリア採用を成功させるには

企業の魅力を発信する

U・Iターン採用を成功させる上で、企業の魅力を最大限に活用することは不可欠です。近年の採用市場は非常に競争が激しい中、前述の通り、特に中小企業や地方企業は大手や都市部の企業との採用競争で不利とされることがしばしば。だからこそ、その企業固有の文化や経験、福利厚生、キャリアの展望などの魅力を明確にアピールすることで、採用の成功率を大きく上げることができます。

また、企業の魅力をしっかりと内外に伝えることは、現在の社員にとっても意義深いものとなります。自らが所属する組織の価値や役割を再確認することで、社員のモチベーションや職場での所属意識が高まることが期待される。明確な企業の魅力や目標を共有することで、社員間の結束やチームワークが強化され、全体としての企業の生産性や革新性を向上させる効果もあるのです。

きめ細かいサポートを提供する

U・Iターン採用の成功には、単に企業が魅力的であるというだけでは不十分です。応募者にとって大きく環境が変わる分、実際の採用プロセスにおいては応募者に対するきめ細かいサポートが求められます。多くのU・Iターン希望者は、その地域での業界に対する知識や情報が不足している場合がほとんどです。したがって、彼らがスムーズに地域や企業に適応できるようサポートすることが不可欠です。

一つの具体的なサポートとして、地域の生活情報や文化、住宅情報、教育機関などの情報提供が挙げられます。特に家族を持つ求職者の場合、子供の学校や生活環境が気になるポイントとなるため、これらの情報を提供し、移住先での安心した生活をイメージさせることは重要です。さらに、企業内でのメンターやサポート担当者を設定し、実際に入社した際に業務や組織文化に馴染む手助けをすることも効果的です。

長期的なビジョンを共有する

求職者に対しての給与や福利厚生、職務内容などの具体的な条件はもちろんのこと、その背後にある「企業の長期的なビジョン」を共有することが必要です。なぜなら、UターンやIターンの決断は生活の場を変える大きなステップであり、単なる短期的な雇用を求めるのではなく、その地域や企業とともに将来を築いていくことを望んでいる場合が多いからです。

企業の長期的なビジョンを明確にすることで、求職者は自らがどのような役割や貢献をしていけるのか、またその先にどのようなキャリアや成長が待っているのかを具体的にイメージすることができるようになります。それが新しい環境での生活やキャリアを積極的に捉え、その企業や地域に長く根ざしていくモチベーションを生む要因となります。このビジョンが明確であればあるほど、彼らは自らのキャリアと企業の将来をリンクさせることができ、より高いコミットメントを持って業務に取り組むことができるでしょう。

面接や採用プロセスを工夫する

地方の中小企業は、大都市の大手企業と比べて採用情報の露出が低く、求職者からの知名度や情報アクセスが限られることが多いです。このため、面接や採用プロセスにおいては、企業の魅力や地域の利点を強調し、その上で候補者の真の適性や価値観をしっかりと評価することが求められます。

具体的には、リモート面接の導入や実務体験を取り入れた選考、地域や企業の魅力を伝えるためのオリエンテーションなど、応募者にとって参加しやすく、企業の魅力を感じ取れるプロセスの構築が不可欠です。このような工夫を施すことで、地方の中小企業はU・Iターン者とのマッチングの質を高め、長期的な採用の成功へとつなげることができます。

U・Iターンのキャリア採用のためにWebでできること

Webサイトで採用に関する情報を発信する

前述の通り、地方の中小企業がU・Iターン採用を目指す際、Webサイト上で企業の魅力を発信することは極めて重要です。都市部と異なり、地方の企業は自社の存在や魅力を知られにくい傾向があります。そのため、Webサイトを通じて企業の基本的な情報、ビジョン、ミッション、企業文化などを詳細に掲載することで、求職者に対して自社の特色や取り組みを理解してもらう第一歩となります。

特に、実際の職場の雰囲気や働くメリット、待遇、社員の声、そして地域の魅力も際立たせることが大切です。U・Iターン希望者は地方での生活や仕事に対する具体的なイメージを持ちにくいことが多いため、現地の生活風景や、企業が地域社会とどのように関わっているのか、そしてそこで働くメリットなどを可視化することで、希望者に安心感や興味を持ってもらえるよう努力する必要があります。Webサイトではこれらのような情報を分かりやすく魅力的に伝える手段として最適です。

Webサイト上のデータの収集・分析をする

地方の中小企業がU・Iターンでのキャリア採用を成功させるためには、現在の採用活動やWebサイトの効果を深く理解し、求職者のニーズに合わせて最適化を進める必要があります。ここで、ユーザーの行動や反応を収集・分析することが極めて重要になってきます。このデータ収集・分析の過程では、アクセス解析ツールやヒートマップツールが極めて有効です。

アクセス解析ツールによって、どのコンテンツや情報が求職者の関心を引いているのか、またどのページで離脱しているのかなど、サイトの利用状況を詳細に把握することができます。これをもとに、求職者が真に求めている情報を提供し、エンゲージメントを高める方向へサイトの最適化を進めることが可能となります。また、ヒートマップツールを活用することで、ユーザーがサイト内でどのエリアに注目しているのか、どの部分が無視されているのかなど、視覚的な行動パターンを掴むことができます。これにより、重要な情報やアクションが適切な位置に配置されているかを確認し、必要に応じてデザインやコンテンツの配置を調整することができます。

これらのフィードバックをもとに、U・Iターン希望者の求める情報提供やサイトの使い勝手を向上させることで、採用成功への道をしっかりと築くことが可能になります。

SNSを活用する

近年、SNSは個人だけでなく、企業のブランディングや情報発信のツールとしても非常に有効とされています。地方の中小企業がU・Iターンのキャリア採用を目指す際にも、SNSとの連携は不可欠です。X(旧Twitter)、Facebook、Instagramなど、主要なSNSを活用することで、企業の日常や地域の魅力、採用情報などをリアルタイムに発信できます。これにより、都市部や他の地域に住む求職者に対しても、地方の企業の魅力や活動を知ってもらい、興味や関心を引くことが可能となります。

また、リアルタイムでの情報更新やQ&Aセッションを活用することで、U・Iターン希望者との関係を深めることもできます。特に、企業や地域の魅力を伝えるストーリーをシェアすることで、感情的なつながりや共感を生むことができ、求職者の興味や動機を高める効果が期待できます。

U・Iターンのキャリア採用ならシアンスにお任せください

U・Iターンのキャリア採用ならシアンスにお任せください。
Webサイトを起点としたデジタルマーケティング手法について、シアンスは独自の強みを持っています。

設立から35年、Webサイト制作サービス提供から15年という実績と経験を活かし、200社以上の幅広い業界のクライアントに対応してきました。私たちはお客様のニーズを最優先に考え、適切な提案をすることを常に心掛けています。

私たちシアンスは、お客様のビジネスを成功に導くためのパートナーとして、全力でサポートします。Webサイト制作についてのご相談、お見積もりなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

デジマックス

デジマックス

デジタルマーケティング部の広報キャラクター。 皆さんの課題解決のサポートを目指して、難しい専門用語やマーケティングのノウハウをわかりやすく解説します。