JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

株式会社ピーアールシー(PRC)様 小型LIM成形機の動画とスチール撮影

佐野直紀

Webコンサルタント
佐野 直紀

現場レポート

皆さん、こんにちは。
シアンス、デジタルマーケティング部の佐野です。

今日は2023年6月6日に行われた、株式会社ピーアールシー様(以下、PRC)本社での撮影レポートをお届けします。この度、撮影サービスを提供させていただいたのは、シアンス佐野とフォトグラファー嶋田の二人チームです。

今回の撮影の主役は、PRCが誇る小型LIM(液状シリコーン用)成形機です。これはPRC社の最新の技術力を結集した、優れた成形機です。その存在感と、最先端の機能をしっかりと映し出すため、動画撮影とスチール撮影の両方を実施しました。

撮影準備と手順

まず、事前の打ち合わせでは、撮影内容や撮影場所、そして機材の特性などを理解するため、PRCの担当者と時間をかけて協議しました。この打ち合わせでは、シリコーン成形機の動作や特性をどのように映像化するかを計画しました。

撮影日当日は、まずロケハンと撮影場所の最終確認からスタート。私たちのチームは、環境や条件に柔軟に対応できるように、撮影場所や照明、カメラアングルなど、細部に至るまで最終的なチェックを行いました。

今回の撮影用に用意された照明とカメラ機材

今回の撮影用に用意された照明とカメラ機材

撮影前のチェックの様子

撮影前のチェックの様子

撮影の様子

撮影は、小型LIM成形機の美しさと機能性を最大限に引き立てるため、多角的なアプローチを取りました。

動画撮影

まず、動画撮影では成形機の動作とその効果を細部まで注意深く捉えるために、慎重に撮影しました。この段階では、LIM成形機がシリコーンをどのように成形するのか、そのプロセスと結果を視覚的に表現することが重要でした。

PRC担当者の伊藤様とプロセスの視覚的表現を確認している様子

PRC担当者の伊藤様とプロセスの視覚的表現を確認している様子

撮影動画のご紹介

LIM成形機がシリコーンを成形する様子

スチール撮影

その後、スチール撮影によって成形機の外観を詳細に捉えました。写真を通じて、成形機の構造やデザインを視覚的に理解しやすくするために工夫しました。

スチール撮影では成形機の美しさを最大限に引き出すよう工夫しました

スチール撮影では成形機の美しさを最大限に引き出すよう工夫しました

撮影画像のご紹介

小型LIM(液状シリコーン用)成形機 ML-100P -正面からのショット

小型LIM成形機 – 正面からのショット

小型LIM(液状シリコーン用)成形機 ML-100P -斜めからのショット

小型LIM成形機 – 斜めからのショット

小型LIM(液状シリコーン用)成形機 ML-100P -真横からのショット

小型LIM成形機 – 真横からのショット

撮影は、現場で必要に応じて調整を行いながら進めました。カメラの位置を微調整したり、照明を変更したり、場合によっては撮影アングルを変えたりするなど、常に最高の撮影を追求しています。

成形機の位置をミリ単位で調整する様子。ミリ単位での細かな調整にこだわります!

成形機の位置をミリ単位で調整する様子。ミリ単位での細かな調整にこだわります!

まとめ

撮影は予定通りに完了。PRCの小型LIM成形機の特性と優れた性能をしっかりと映し出すことができました。シアンス佐野とフォトグラファー嶋田のチームは、プロの視点から最高のショットを提供し、クライアントであるPRCの期待に応えることができました。

PRC 伊藤様よりコメント

「シアンスのチームによる撮影は、我々の小型LIM成形機を非常に鮮明に描写しています。彼らのプロフェッショナルな視点と柔軟な対応力により、成形機の特性と性能が細部まで捉えられ、その美しさと機能性がしっかりと伝わる映像と画像が完成しました。今後も彼らの視覚表現の力に期待しています。」

株式会社ピーアールシー(PRC) 取締役 営業部
伊藤 徹哉 氏

これからも新たな撮影に挑戦し、皆様に魅力的な映像を提供できることを楽しみにしています。次回の報告もお楽しみにしてください!

 

関連サービス

この記事を書いた人

佐野直紀

Webコンサルタント

佐野 直紀

株式会社シアンスの執行役員。Webコンサルタントとして、BtoB企業のWebサイト制作を数多く手掛ける。
クライアント企業の事業戦略や採用計画に基づいた、Webサイトの企画・設計・提案を得意とする。