JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

株式会社植木組様 Webサイト更新システム(CMS)の導入支援を実施

橋本彩乃

テクニカルディレクター
橋本 彩乃

現場レポート

お客様プロフィール

法人名株式会社植木組様
本社〒945-8540
新潟県柏崎市駅前1-5-45
創業明治18年(1885年)4月1日
設立昭和23年(1948年)7月26日
従業員数614名(男性566名 女性48名)
※ 令和4年3月現在
営業品目

総合建設業

  1. 土木、建築、管、舗装、軌道工事の請負並びに企画、設計、監理及びコンサルティング業務
  2. 土地、建物の売買、交換、賃貸、管理及びそれらの斡旋並びに土地造成事業
  3. 自動車、建設用資材機器装置の製造、整備、販売及び賃貸
  4. 発電用施設、設備の保守、修繕、維持管理業務
  5. 前各号に付帯する一切の業務
URLhttps://www.uekigumi.co.jp/

CMS(コンテンツ管理システム)は、Webサイトのコンテンツを簡単に作成、編集、管理できるソフトウェアです。CMSを使用することで、Webサイトの更新に専門的な知識や技術は必要ありません。そのため、近年では、業務効率化やデジタルトランスフォーメーションを目的に、CMSを導入する企業が増えています。
CMSは、Webサイトの更新を容易にするだけでなく、求職者や社員、株主投資家とのコミュニケーションを活性化させる効果もあります。例えば、CMSを使用することで、求人情報や社員紹介、IR情報などをWebサイトに簡単に掲載することができます。これにより、企業は、いつでも、どこからでも、自社の最新情報を発信することができます。

しかし、CMSの導入には、いくつかの注意点があります。ひとつは、組織の規模が大きくなるほど、CMSの導入・運用が複雑になるという点です。特に、大企業では、各部門ごとに独自のニーズや要件があります。そのため、CMSを導入する際には、各部門のニーズを十分に把握し、それらを満たすCMSを選択する必要があります。

システムは導入してからが本番

システムの導入は、社内承認やベンダーとの調整など、多くの課題を伴います。これらの課題を乗り越えてシステムを導入できたとしても、運用がうまくいかなければ意味がありません。
システムの運用で最も重要なことは、現場社員が使いやすいシステムにすること。そのためには、現場社員の声をよく聞き、システムに反映していくことが大切です。また、システムの操作方法やトラブルシューティング方法など、現場社員へのサポート体制も整えておくことが重要です。システムの運用は、システム導入の最終段階であり、最も重要なフェーズです。システムを導入したからといって安心せず、運用フェーズにも力を入れていくことが大切です。

大規模な組織では、管理部門だけではシステムの運用をすべて担うのは難しい場合があります。そのため、現場社員もシステムの運用に協力することが重要です。社員がシステムを使いこなせるようになれば、システムの運用はよりスムーズに進みます。

株式会社植木組様で導入支援を実施

株式会社植木組様は新潟県を代表する大手総合建設会社です。

シアンスは植木組のWebサイトリニューアルを担当し、CMSを導入しました。リニューアルには、さまざまな部門や部署が関わり、プロジェクトは長期間にわたりましたが、担当者の協力により、計画どおりに進行することができました。

プロジェクトは無事完了し、Webサイトの本格稼働に向けて、担当者主導で関係部署へのCMS導入支援サービスを実施しました。

今回は、操作範囲ごとに第一部と第二部に分けて、各部門を代表する9名の担当者にレクチャーを行いました。レクチャーでは、CMSの基本的な操作方法や、コンテンツの作成・編集方法、画像のアップロード方法などについて説明しました。
導入支援は質疑応答を含め、約2時間。多忙な中、ご参加いただきありがとうございました。

社内への導入サポートはプロにお任せください

シアンスでは、CMSを導入したお客様に対し、導入の支援を提供しております。大規模な企業や団体の場合は、各部門の担当者のスケジュールを調整していただければ、当社が操作をデモンストレーションしながらご説明します。マニュアルが苦手な方もいらっしゃいますので、ノートパソコンをご用意いただければ、一緒に操作することでその場で疑問点を解消することができます。

当社では、操作方法や概要の説明を行う担当者だけでなく、参加者の様子を見てフォローする担当者も配置しています。これにより、参加者全員が理解できるようにサポートします。

更新担当者が少ない場合は、当社が普段お使いの席にお伺いし、いつものPCで操作の練習をすることも可能です。関係者が多い場合や、遠隔地の担当者がいる場合は、複数回に分けて実施したり、オンラインで実施したりすることも可能です。

シアンスの導入支援はご担当者様のニーズに合わせてカスタムしてきた実績がございます。

長期的なサポート体制もシアンスなら万全

デジタルツールを効果的に活用するためには、長期的なサポートが必要であると考えています。当社では、導入支援後も、オンラインマニュアルや電話、メールでのサポートを通じて、CMSの利用をサポートしています。万全のサポート体制で、Webサイトの更新を支援します。

Webサイトの構築から運用サポートまで、シアンスは終始一貫してサポートいたします。Webサイト公開後の社内調整に頭を悩ませている担当者の方は、ぜひ一度シアンスにお問い合わせください。

この記事を書いた人

橋本彩乃

テクニカルディレクター

橋本 彩乃

開発チームのリーダーとして、システム開発の全プロセスに携わる。ユーザー側とシステム側、両視点からの設計・提案により、成果物の品質を確保する。ドメインやサーバーに関する知見も豊富。