JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

ホームページのリニューアルを成功させる制作サービスの考え方

佐野直紀

Webコンサルタント
佐野 直紀

ビジネスヒント

ホームページのリニューアルは、特に忙しい総務の方にとっては大変なことです。今回は、ホームページのリニューアルを成功させるための方法をご紹介します。

  • 経営会議でこの話題が持ち上がると、長々と議論されることが多い
  • しかし、Webを活用するために何をすればいいのかが明確になっていない
  • 総務は他の業務で手一杯で、この問題に目を向けることができない

今回は、そんな悩みを抱えている総務の方に向けた記事です。
なるべく簡単に、そして成功させたい。そんな方のために、リニューアルの考え方や業者の選び方などを解説します。

なぜ企業ホームページのリニューアルは難しいのか?

イメージ画像

ホームページのリニューアルが難しいのは、総務部門が幅広い業務を担っているからです。他の部署が担当しない間接的な業務はすべてこの部署が担当する。そのため、ただでさえ多い業務に、ホームページのリニューアルが加わることになります。

企業ホームぺージのリニューアル手順

ホームページのリニューアルは、会社全体を巻き込む複雑な作業です。まず、経営トップや各部門との意見交換、各担当部署への根回しなど、社内調整が行われます。次に、市場動向や競合他社のホームページの調査など、リニューアルに必要な情報収集と仕様書の作成が待っています。

ここまでの社内合意を得るだけでも大変な作業ですが、ホームページはまだできていません。作成した仕様書をもとにリニューアルのための制作会社を選定し、その先に新しいホームページが待っています。

イメージ画像

また、ホームページのリニューアルを長期間行わないと、新しいビジネス手法や技術革新に対応することが難しくなります。このような状況では、ホームページのリニューアルはますます先延ばしになってしまうでしょう。ここまでくると、プロジェクトメンバーの増員や他部門への人員要請など、リソース不足の解消も必要になってきます。

他社はリニューアルをどうやって達成したのか?

イメージ画像

リニューアルを実現した企業も状況は同じです。私たちが手がけたリニューアルプロジェクトの担当者も同じような状況でした(担当者が経営企画室、情報システム部、マーケティング部などのケースもあります)。つまり、忙しいけれども、覚悟を決めてプロジェクトを進めているのです。

イメージ画像

リニューアルを成功させている総務の共通点

リニューアルを成功させた企業の成功要因を分析すると、3つの共通点があります。

  1. トップマネジメントがリニューアルに理解を示していること
  2. 各部門がリニューアルに熱意を持って取り組んでいること
  3. プロジェクトチームが確立されていること

3つの共通する成功要因について、それぞれ解説していきます。

1.トップマネジメントがリニューアルに理解を示している

イメージ画像

リニューアルを円滑に進めるためには、トップマネジメントの理解をいち早く得ることが重要です。そのためには、以下の内容をトップマネジメントに提示することが必要です。

  • ホームページがビジネスにもたらすもの
  • ビジネスの生産性をどのように向上させるのか
  • どのようなビジネス上の問題を解決するのか
  • どのような成果を生むのか

つまり、リニューアルの効果が高いと判断されれば、トップから全社に強い指示が出され、結果的に全社的な賛同と支持を得ることができるのです。

2.各部門がリニューアルに熱意を持って取り組んでいる

イメージ画像

ホームページは、経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報の「情報」に関わる資源と言えます。この資源を活用することで、結果としてビジネス全体の「生産性の向上」が得られます。

  • 見込み客からの問い合わせの増加
  • 企業の認知度向上
  • スムーズな採用活動

このように、得られる成果とその実現方法が明確であればあるほど、自社ホームページのリニューアルに対するモチベーションが高まります。

3.プロジェクトチームが確立されている

イメージ画像

各部門のリニューアルへの意欲が高まれば、各部門のスタープレーヤーからプロジェクトチームを結成することができます。そうすることで、リニューアルの効果を最大化することができます。ここまでくれば、あとは各部門の役割と責任範囲を明確にするだけで、リニューアルはスムーズに進みます。

コンサルティングができる制作会社を検討段階から入れる

「そんなことはわかっている。そこに到達しないから困っている」
このような状況であれば、まずパートナー企業の選定をお勧めします。つまり、プロジェクトに対してコンサルティングができる制作会社を巻き込むことです。そうすれば、すべてのプロセスで成功する可能性が高まります。

イメージ画像

デジタルマーケティング戦略の策定からお手伝い

何から始めたらいいのかわからないという方には、私たちのチームがご相談に乗ります。専任の営業担当やディレクターが直接お悩みをお伺いしますので、遠慮なくご相談ください。

専任の営業担当とディレクターイメージ画像

面談では、まず御社の事業戦略や採用計画などをお伺いします。お伺いした内容をもとに、サービスの方向性をご提案させていただきます。
ご提案内容は、ホームページのリニューアル計画だけでなく、以下の内容も含まれています。

  • 予算編成の考え方、稟議の進め方など
  • 経営層や各部門へのプレゼンテーション、合意形成の支援
  • プロジェクトの企画・実行管理方法

また、ご担当者様が上司や経営層に提案しにくい場合は、直接プレゼンテーションもさせていただきます。
契約が成立しない場合は、コンサルティング費用はかかりませんのでご安心ください。

シアンスは、企業ホームページのリニューアル専門家

私たちは、企業・法人向けWebサイトの戦略立案・企画を専門とするデジタルマーケティングのプロフェッショナル集団です。代理店を介さないため、お客様のことを深く理解しながら、最初から最後まで信頼できるサービスを提供することができます。

コーポレートサイトの制作実績はこちら

関連サービス

関連サービス

この記事を書いた人

佐野直紀

Webコンサルタント

佐野 直紀

株式会社シアンスの執行役員。Webコンサルタントとして、BtoB企業のWebサイト制作を数多く手掛ける。
クライアント企業の事業戦略や採用計画に基づいた、Webサイトの企画・設計・提案を得意とする。