JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

社員インタビューは「質×量」-社員インタビューが果たす役割と成功のポイント

宮沢拓真

コンテンツディレクター
宮沢 拓真

ビジネスヒント

はじめに

採用サイトは、企業の魅力を伝える重要なツールです。その中でも、社員インタビューは、求職者にリアルな企業像や入社後のイメージを伝えやすく、また、求職者が企業や職種を選ぶにあたって参考になるロールモデルを提供することができます。

本記事では、社員インタビューの掲載が、採用活動においていかに重要であるかを紹介し、さらにより効果的な社員インタビューの作成と活用の方法についても解説します。

求職者だけのためじゃない?社員インタビューが重要な理由

1.リアルな企業像や入社後のイメージを伝えることができる

社員インタビューでは、社員一人ひとりの目線から仕事内容や企業についての紹介します。そのため、リアルな企業像や入社後のイメージを求職者に伝えることができるのが特長です。

例えば、企業文化や社員の雰囲気など、募集要項からはイメージが湧きづらいような内容も、社員インタビューであれば、実際の社員の目を通してわかりやすく伝えることができます。
また、仕事の内容ややりがいも、社員の実体験に基づく具体例を交えてよりわかりやすく表現することができます。

このように、社員インタビューは個人の目線から企業の内部を求職者に見せることができるため、深い企業理解に必要不可欠だと言えるでしょう。

2.求職者が共感しやすいロールモデルを提供できる

社員インタビューでは、求職者が共感しやすいロールモデルを提供することができます。

社員インタビューに登場する社員は、企業において成功を収めた社員や、自己実現を果たしている社員など、求職者にとって魅力的な存在となり得ます。
そのため、社員インタビューによって、求職者が自分自身のキャリアプランを描くためのヒントや、具体的な目標設定をする際のロールモデルとしての示唆を得ることができます。

また、社員インタビューを通じて、求職者が入社後に成し遂げたいことや目指すべき姿をイメージしやすくなるため、求職者のモチベーションアップにもつながります。

以上のように、社員インタビューは、求職者の共感やモチベーションアップにつながる重要なコンテンツだと言えます。

3.社員のモチベーションや帰属意識が高まる

求職者にとって多くのメリットがある社員インタビューですが、インタビューを受ける側の社員や企業にとっても大きなメリットがあります。

社員インタビューでは、社員がインタビューに応じることで、自身が担う役割や仕事のやりがいを振り返る機会が生まれます。
それにより、仕事への意識や自己肯定感が高まり、モチベーションの向上につながります。

また、企業の代表として選ばれたことに誇りが生まれ、「会社の顔になっている」と自分が所属する企業への帰属意識が高まることも期待されます。

4.社員同士のコミュニケーションが活性化される

社員インタビューを掲載することにより、社員同士のコミュニケーションが活性化されます。

掲載された社員が他の社員から注目されることで、社員同士の交流が生まれ、組織全体のコミュニケーション力が向上することが期待されます。
これにより、社員の相互理解が深まり、社内の雰囲気が良くなったり、業務が円滑になったりということが期待できます。

また、「3.社員のモチベーションや帰属意識が高まる」効果との相乗効果により、組織全体の士気の向上につながることが考えられます。

質と量を上げる!社員インタビュー成功のポイント

ここまで紹介したとおり、社員インタビューにより得られる効果は非常に大きく、そのメリットは多岐にわたります。
これらを最大限に発揮するためには、より質の高い社員インタビューを作成する事が重要です。
また、求職者への多様なロールモデルの提供や、組織全体のモチベーション・相互理解の強化の観点から、社員インタビューではより多くの社員を掲載することも重要です。

このように、社員インタビューは記事の質と量両方に注力することが求められます。そこで、質が高い記事を数多く作成するために、以下の4つのポイントを心がけるようにしましょう。

1.様々な職種や業務内容の社員を紹介する

どんな職種や業務内容の社員を紹介するのかの検討する際は、特定の職種や部署だけでなく、様々な分野の社員を取り上げるようにしましょう。これにより、求職者に会社全体の雰囲気や働き方の幅広さをアピールすることができます。
また、スキルや経験のバリエーションを意識することも効果的です。

2.幅広い世代の社員を紹介する

新入社員からベテランまで幅広い世代を取り上げることも重要です。
若手の意見や考え方を紹介することで、採用対象層である若年層にアピールすることができます。
また、ベテラン社員の経験や知見を紹介することで、長期的なキャリアアップのイメージを与えることができます。
ただし、入社後のイメージをよりわかりやすく伝えるには、採用したいメインターゲットに応じてその年齢層に近い社員を多めに掲載することが求められます。

3.多様なバックグラウンドの社員を選定する

女性や外国籍社員など、多様性を重視した選定も重要です。
多様性をアピールすることで、採用の幅を広げることができます。
また、女性や外国籍社員のインタビューを通じて、グローバルな環境で働く魅力を伝えることもできます。

4.具体的なエピソードを引き出す

具体的なエピソードや実績などを引き出すことで、インタビュー記事に深みを加えることができます。
また、応募者が興味を持ちそうな情報を引き出すことで、企業の魅力を伝えることができます。

具体的なエピソードや実績の例

  • 新しいプロジェクトに参加した際に、最初は周りの人の意見や仕事の進め方が理解できずに苦戦していたが、先輩社員にアドバイスをもらい、自分なりの方法で業務を進めることができた。その結果、プロジェクトが成功し、自信をつけることができた
  • 担当する業務が大幅に増えた際に、最初は仕事量に圧倒されていたが、自分自身で効率的に業務をこなす方法を見つけ、自己改善に取り組んだ。その結果、業務の効率化につながり、上司やチームメンバーから評価を受けた
  • 入社して間もなく、新規プロジェクトに配属され、初めてのプロジェクトで不安を感じていたところ、先輩社員からの的確なアドバイスとサポートにより、プロジェクトを成功に導くことができた

応募者が興味を持ちそうな情報の例

  • 入社のきっかけ
  • 社風や職場環境
  • 具体的な仕事内容
  • 仕事のやりがい
  • キャリアアップ
  • スキルアップ
  • ワーク・ライフ・バランス

社員インタビューの活用方法

作成した社員インタビューは、採用サイト上だけではなく、ブログやSNSなど様々な場所で活用することができます。

まずは、社員インタビューを掲載した採用サイトを作成することで、社員の声を通じて企業文化や働く環境の魅力を伝えることができます。
また、ブログやSNSを活用することで、より多くの人々に企業の魅力をアピールすることができます。

さらに、社員インタビューを求職者とのコミュニケーションツールとして活用することも可能です。
例えば、企業説明会や求職者との面接やオンライン面談などの際に、社員インタビューのコンテンツを参考にして、自社の魅力を求職者に直接アピールすることができます。

以上のように、社員インタビューコンテンツは、企業の魅力をアピールするために、様々な方法で活用することができます

まとめ

いかがだったでしょうか?このように、社員インタビューは求職者に企業の魅力リアルを伝え、採用活動に大きな効果をもたらします。
また、そのためには、社員インタビューを新たに設置する場合は将来的な先輩社員追加を視野に入れた設計を行い、先輩社員を継続的に追加していくことが重要です。

当社では、採用担当者様の要望に合わせた社員インタビューの作成を承っております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連サービス

この記事を書いた人

宮沢拓真

コンテンツディレクター

宮沢 拓真

クライアントの抱える課題や潜在的なニーズを引き出し、最適なコンテンツを設計する。また、ブログやお知らせ等の更新コンテンツのコンサルティングも手掛けている。