JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

シアンスが戦略策定・企画立案時に実施する競合分析を紹介

橋本彩乃

テクニカルディレクター
橋本 彩乃

ビジネスヒント

競合分析は、市場の動向を理解し、ビジネスの効果的な戦略を立てる上で重要な役割を果たします。競合他社の情報を分析することで、最新のトレンドや業界の変化、顧客の行動に関する貴重な洞察を得ることができます。本記事では、競合分析の重要性と、シアンスが戦略策定・企画立案時に検討するするポイントをご紹介します。

競合分析のメリット

シアンスはWebマーケティングには詳しいですが、クライアント企業の業界については明るくないことが多いです。そのため、競合分析を行うことにより、以下のような利点があります。

  • 市場のトレンドと業界の変化を把握する
    競合他社を研究することで、業界の最新動向を把握し、自社の戦略を適応させることができます。
  • 自社の位置を明確にする
    競合他社と比較することで、自社の独自の強みや改善すべき点を見つけることができます。
  • 効果的な戦略を立てる
    競合他社の強みや弱みを分析することで、競争力を持った戦略を考案することができます。

競合分析の内容

包括的な競合分析を行うために、以下の項目について調査を行います。調査結果から分析をするため、重要な要素です。

  • 参考企業の特定
    業界のトップリード的企業と同規模の企業を特定し、戦略、提供品、市場ポジショニングを分析します。普段はヒアリングにてクライアント様からお伺いすることが多いです。
  • SWOT分析
    強み、弱み、チャンス、脅威を競合他社と比較して評価します。この分析により、自社の強みを生かすか、弱みを改善するかの判断材料となります。
  • ウェブサイトコンテンツやメディア戦略の調査
    競合他社のウェブサイト、ソーシャルメディアの存在感、その他のメディアプラットフォームを調査し、メッセージやブランド戦略に関する情報を確認します。

競合他社の戦略と強みの理解

競合分析を行う際に重要なポイントをまとめます。これらの情報によって企業規模、売上、戦略を包括的に判断します。

  • 理念:ビジネスにおける使命感、価値観、基本的な考え方を調査し、アプローチを理解します。
  • 収益:競合他社の財務パフォーマンスや収益源を分析し、市場での成功を評価します。
  • 拠点数:競合他社の地理的な存在と範囲を評価し、市場カバレッジを把握します。
  • 実数:顧客ベース、販売数、市場シェアを分析し、市場ポジションを把握します。

また、競合分析の成果を最大限に活かすために、各企業の経営方針や長期目標と、競合他社が行っている自社が行っていないことや、異なるアプローチを把握します。それらの意図を分析することで差別化と競争力の向上を図ります。

競合分析における注意点と誤解を避けるポイント

競合分析に基づいた施策を策定するときに注意しなければいけないことは、単なる模倣は避けることです。競合分析をすることで他社の施策が良く見えることがありますすが、競合分析は他社が行っていることをただコピーすることではありません。競合を知ることで適応と革新に重点を置き、御社独自の価値提案を創造しましょう。また、競合の取り組みに振り回されず、自社のビジョン、目標、市場ポジショニングを振り返ることも重要です。分析を基に、自社にふさわしい戦略的な意思決定を行うことが重要です。

企業のビジネスをデジタルマーケティングでサポートします

競合分析は、競争の激しい市場で成功を収めるために不可欠です。競合他社の戦略と強みを理解することで、独自の洞察を活かし、企業の差別化と競争力を向上させることができます。

シアンスでは、クライアント企業のビジネス成果をデジタルマーケティングで支援しております。今回ご紹介した競合分析だけでなく、自社分析、市場分析も含めた分析結果を自社の目標と戦略に合わせて活用し、成功をサポートいたします。

営業戦略、採用戦略など、幅広い事業課題に対応しております。ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

関連サービス

この記事を書いた人

橋本彩乃

テクニカルディレクター

橋本 彩乃

開発チームのリーダーとして、システム開発の全プロセスに携わる。ユーザー側とシステム側、両視点からの設計・提案により、成果物の品質を確保する。ドメインやサーバーに関する知見も豊富。