JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Z世代とSNS 採用活動のための新しい戦略

デジマックス


デジマックス

ビジネスヒント

デジタルの急速な進化と共に、新たな世代がビジネスの場に参入してきています。Z世代と呼ばれる彼らは、LINEやYoutubeなどの様々なSNSを使いこなし、生活の一部としています。企業がこれらのプラットフォームを採用戦略に取り入れることで、Z世代と効果的にコミュニケーションを取ることが可能です。

この記事では、新潟県のBtoB企業の担当者様に向け、我々がこれらのSNSをどのように活用すべきかを説明していきます。

Z世代が使っているSNSの現状

まずはじめに、Z世代がどのようなSNSを利用しているのかを理解することが重要です。

日本国内で最も多くの利用者がいるSNSはLINEで、そのユーザー数は2023年3月時点で約9500万人に上ります。次いでYouTube、Twitter、Instagramと続きます。

参考:【2023年6月版】人気ソーシャルメディアのユーザー数まとめ

この中で特にZ世代の利用率が高いのはYouTube、LINEであり、10代から20代の利用率はそれぞれ9割以上に達しています。また、Twitter、Instagramも広く利用されており、Twitterは8割、Instagramは7割を超える利用率となっています。

参考:2023年5月更新!性別・年齢別 SNSユーザー数(Twitter、Instagram、TikTokなど13媒体)  | 株式会社ガイアックス

これらのデータから、Z世代にアピールするためにはYouTube、LINE、Twitter、Instagramの活用が有効であることがわかります。

YouTubeの採用への活用

まずYouTubeの活用について見てみましょう。ご存じとは思いますが、YouTubeは動画、つまり視覚と聴覚を通じて情報を伝える強力なメディアで、新たな従業員を採用するためのプラットフォームとしてますます人気が出ています。

まず、企業紹介動画や採用情報動画、社員インタビューなどをアップロードし、Z世代に向けて魅力的な働き方や社風を訴求することができます。このようなビデオコンテンツは、情報としての企業像を具体的に伝えるだけでなく、視覚的な魅力を訴求することも可能です。

また、YouTubeのライブ配信機能を活用して、リアルタイムでの企業説明会や質疑応答セッションを行う企業も出てきています。これにより、Z世代との直接的でリアルタイムなコミュニケーションを強化することができます。

LINEの採用への活用

続いてLINEの採用への活用方法について解説します。LINEはその高い利用率と、リアルタイムでのコミュニケーションが可能な特性から、採用活動におけるコミュニケーションツールとして有効です。

企業のLINE公式アカウントを設けることで、求職者との直接的なコミュニケーションが可能となります。また、求人情報や企業の魅力を伝えるコンテンツを定期的に発信することで、求職者の関心を引くこともできます。

さらに、LINE公式アカウントではチャットボットを導入することも可能です。これをうまく利用すれば、24時間365日、求職者からの質問に自動的に応答することができます。これは、企業の採用活動をより効率的にし、求職者の満足度を高めるための有効な手段になり得ます。

Instagramの採用への活用

次に、Instagramの採用活動での活用法を見てみましょう。Instagramは写真や短い動画を共有することで、企業のブランドイメージをビジュアルに訴求するのに非常に効果的なプラットフォームです。

具体的には、企業のアカウントで社内の風景やイベント、スタッフの日常などを投稿することで、リアルな働く環境や企業文化を求職者に対して伝えることができます。さらに、Instagramストーリーズを活用して、企業の一日をライブ感あふれる形で共有することも可能です。

また、Instagram上では広告の運用も可能であり、これを用いればより広範囲の求職者に対して自社の採用情報を伝えることもできます。

Twitterの採用への活用

Twitterの活用方法について説明します。Twitterはリアルタイム性が高く、短い文字列で情報を伝える形式が特徴で、企業とZ世代との直接的なコミュニケーションに有効なプラットフォームです。

Twitterでは、企業の公式アカウントから最新の求人情報や企業の情報を定期的に発信することができます。また、ハッシュタグを活用することで、特定のキーワードに関連したツイートを集約し、求職者に向けた情報を効果的に伝えることも可能です。

さらに、Twitter広告を利用することで、特定の地域や年齢層、興味・関心に基づいてターゲットを絞り、求人情報を直接的に届けることができます。

TikTokの採用への活用

最後にTikTokの活用についてもご紹介します。利用率では他に劣りますが、最近大きな伸びを見せているのがこのTiktokです。Z世代に非常に人気のあるこのプラットフォームは、短い動画を通じて若者たちと強くつながることができます。

企業が自社の魅力を短い動画で表現し、それをTikTokに投稿することで、Z世代の視点から見た企業の魅力を伝えることが可能です。

TikTokはその直感的な動画編集機能が魅力的です。短い動画にエフェクトや音楽を追加することが可能で、それらを活用することで、一般的な求人広告よりも視覚的で興味を引くコンテンツを短時間で作成することができます。

SNSに関するご相談はシアンスにお任せ下さい

以上のように、各SNSはそれぞれ異なる特性を持ち、採用活動に対して様々な方法で活用することができます。企業は自社のニーズに合わせて最適なプラットフォームを選択し、Z世代とのコミュニケーションを強化することが重要です。

弊社では、ヒアリングした採用計画に基づき、最適なSNS更新をサポートしています。

皆様の採用活動のパートナーとして、専門知識と経験を活かし、Z世代への効果的なアプローチをサポートします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連サービス

この記事を書いた人

デジマックス

デジマックス

デジタルマーケティング部の広報キャラクター。 皆さんの課題解決のサポートを目指して、難しい専門用語やマーケティングのノウハウをわかりやすく解説します。