JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

情報発信のトータルプロデュースで採用力アップを実感|社会福祉法人のぞみの家福祉会

佐野直紀

Webコンサルタント
佐野 直紀

プロジェクト事例

お客様プロフィール

法人名社会福祉法人のぞみの家福祉会様
本社新潟県新発田市島潟1454 さんさん館i内
設立1984年(昭和59年)1月
URLhttps://www.nozominoie.or.jp/

社会福祉法人のぞみの家福祉会様は、新発田市の社会福祉法人です。ライフステージごとのニーズに応えた福祉サービス事業を展開し、障害のある人もない人も、すべての人の笑顔のために、地域福祉に力を尽くしています。この度、情報発信と採用力を強化したいとのご相談をいただき、コーポレートサイトのリニューアルを行いました。

当社との出会いと選定理由を教えてください

実は、以前からシアンスの存在は知っていました。というのも、当法人とお付き合いのある真柄福祉財団のWebサイトをシアンスが手がけていたからです。

そのため、制作会社の検討時に「シアンスにも声をかけてみてはどうか」と常務から提案があり、シアンスに問い合わせをしました。その際、シアンスの豊富な制作実績は安心感につながりましたね。

提案の際には、私たちと一緒に事業課題を解決したいという気持ちが強く伝わってきました。また、私たちの事業のことを知ろうとしてくれていたことが印象に残っており、制作をお願いする決め手となりました。一方的な提案ではなく、他社と比較しながら、ニーズや方針、要望を細かく聞いてたうえで提案をしてくれたため、ぜひシアンスにお任せしたいと感じました。

Webサイト改修の目的を教えてください

今回の改修の目的としては、情報発信と採用力の強化がありました。

以前からWebサイトはあったのですが、制作当時は予算の制約もあり、簡易的な作りでした。そのため、具体的な情報に薄く、表面的な情報しか伝えられていませんでした。そんな中、法人の規模が拡大していくのに伴い、より多くの人に事業や取り組み、福祉の仕事の魅力などを伝えることで地域とのつながりを深め、法人の存在と貢献を広く知ってもらいたいと考えるようになりました。

また、採用活動の面でも課題を感じており、福祉の業界柄、若手の人材を獲得することが難しく、中途・新卒を問わず求人を出してもなかなか応募者が集まらない状況でした。そこで、Webサイトを活用して情報発信を行い、私たちの活動や福祉の仕事の魅力を伝えることで、優秀な人材の獲得につなげたいと考えました。

そのため、今回の改修では、若手の人材や転職を考えている人たち、また地域の方々に法人のことをわかりやすく具体的に伝えられること、そして、単にWebサイトを作って終わりではなく、改修後もWebサイトを活用し続けられるように納品後も充実したサポートを受けられることを重視しました。

当社のサービスにどのような印象を受けましたか?

制作の各段階において、大変スムーズなご対応をいただきました。

特に印象に残っているのはサイトに使用する写真の撮影です。撮影する事業所が多く、なかなかハードなスケジュールだったかと思いますが、手際の良い段取りでご対応いただき大変助かりました。限られた時間の中で要望に沿って細かいところまで確認しながら撮影をしていただきました。

さらに、サイト公開前の確認フェーズでは、掲載内容を変更したいという要望にも丁寧に対応していただきました。確認のやりとりや進捗管理においても、細かい状況把握が行われ、安心してプロジェクトを進めることができました。

Webサイト改修によりどのような効果がありましたか?

多くの人が私たちのサイトの情報を実際に見て活用してくれていると感じています。

以前のサイトでは、地域の人たちに法人のことを理解してもらったり求職者に入職後の姿をイメージしてもらったりするには情報が不十分でした。そこでシアンスから、地域の方や求職者にとって有益な情報を掲載することを提案いただき、「事業内容」や「社会福祉法人のぞみの家福祉会とは」「仕事紹介」「ブログ」などをはじめとした様々な情報を掲載しました。

その結果、以前よりも多くの人がサイトを閲覧してくれるようになりました。採用応募者の中には、ブログを見て応募したという応募者の方もいらっしゃいました。

法人の事業の全体像がわかる「事業内容」

ビジョンや理念をわかりやすく伝える「社会福祉法人のぞみの家福祉会とは」

職種ごとの仕事内容と向いている人・必要なスキルがわかる「仕事紹介」

事業所ごとの運営や取り組みなどを広く発信できる「ブログ」

以前は職員であっても他の事業所の活動についてはほとんどイメージが湧きませんでしたが、ブログにより他の事業所の活動がわかるようになり、法人内でのコミュニケーションが促進されました。また、ブログは施設利用者のご家族にも閲覧いただいているようです。

さらに、シアンスからの提案とサポートで導入した採用管理システム「ジョブカン」も大きな成果につながっており、以前よりも採用のコンバージョン率が向上しました。

アクセス解析のデータや応募者からのフィードバックを通じて、今回の改修について確かな効果を実感しています。

今後のWebサイト活用への期待と展望について教えてください

今後はブログ更新に力を入れていきたいと考えています。

以前は情報発信を継続することを難しく感じていましたが、サイトの公開後、シアンスがブログ更新の講習会を開いてくれました。講習会では、事業所の上層部の職員も参加し、シアンスからの第三者的な意見を聞くことができました。これによって、組織全体の情報発信の意識がより高まったと感じています。その結果、日々の活動を積極的に発信する意識が生まれ、今では月に1、2回の頻度でのブログ投稿が定着し始めました。

シアンスの支援がなければ、内部だけで声を掛け合っても現在のような頻度での更新は難しかったかもしれません。単に制作するだけでなく、運用まで視野に入れてWebサイトの制作やサポートをしてくれたシアンスには、本当に感謝しています。

今後Webサイトの改修を検討している方へメッセージをお願いします

シアンスはパートナーとしてプロジェクトに真摯に取り組んでくれる信頼できる制作会社だと思います。今回の改修では、私たちの事業課題について一緒になって考え、迅速な対応でプロジェクトを成功に導いてくれました。今後Webサイトの改修を検討している方には、ぜひシアンスをおすすめしたいと思います。

関連サービス

この記事を書いた人

佐野直紀

Webコンサルタント

佐野 直紀

株式会社シアンスの執行役員。Webコンサルタントとして、BtoB企業のWebサイト制作を数多く手掛ける。
クライアント企業の事業戦略や採用計画に基づいた、Webサイトの企画・設計・提案を得意とする。