JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

株式会社ネクスコ・エンジニアリング新潟の先輩社員の撮影を行いました

佐野直紀

Webコンサルタント
佐野 直紀

現場レポート

お客様プロフィール

法人名株式会社ネクスコ・エンジニアリング新潟様
本社〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山5丁目1番35号 カレント・さくらビル
設立2008年 4月
URLhttps://www.e-nexco-engini.co.jp/
事業紹介
  • 建設コンサルタント業
  • 建設業(とび・土工、電気、管、鋼構造物、機械器具設置、電気通信、さく井、消防施設、解体、塗装)
  • 土木工事業
  • 電気工事業
  • 浄化槽保守点検業

シアンスの佐野です。

今回は、先輩社員インタビューに掲載する写真撮影の様子をご紹介します。

撮影させていただいた株式会社ネクスコ・エンジニアリング新潟様は、高速道路の保全点検・管理、調査・設計、施工管理、施設保全工事、情報管理の事業を手掛けています。

撮影の背景

この度、先輩社員インタビューおよび若手社員クロストーク、採用メッセージを新しい内容に差し替えたいとのご依頼をいただき、新潟市と湯沢町で撮影を行いました。

今回の目的は、先輩社員の働く姿やリアルな声、採用担当者様からのメッセージなどを通して就職活動中の学生に仕事のやりがいや魅力を伝え、優秀な人材の獲得につなげることです。

事前準備

撮影を行う際は、お客様のご要望に応じてシアンスが撮影のスケジュール案と撮影カット案を作成します。

今回の撮影は新潟市から湯沢町への長距離移動があったため、時間のロスが発生しないよう効率的な撮影手順をスケジューリングしました。

また、撮影カット案の検討においては、「高速道路の点検・調査・保全・情報管理を行う技術者集団」であるネクスコ・エンジニアリング新潟様の特徴や強みを伝えるために、様々な同業採用サイトの調査・分析を行いました。

撮影当日

スケジュール

9:00 新潟道路事務所と周辺の現場で先輩社員を撮影
10:30 湯沢道路事務所へ移動・昼休憩
13:00 湯沢道路事務所と周辺の現場で先輩社員を撮影
16:00 撮影終了

新潟道路事務所での撮影

新潟道路事務所ではまず、オフィス内でのデスクワークの様子を撮影させていただきました。写真を通して求職者に仕事の内容や魅力が最大限に伝わるよう、お客様からヒアリングを行いながら、熟練のフォトグラファーとディレクターが連携して撮影を進めていきます。

実際に撮影した写真がこちらです。

事務作業のシーン。仕事内容やその魅力が最大限伝わるように小道具の配置を調整させていただきました

採用サイトでは、仕事の様子や社内のコミュニケーションの様子を写真として掲載することが重要です。写真があることで求職者は入社後の自身の姿をイメージしやすくなります。

また、コストをかけて撮影したことがわかる質の高い写真を掲載することで、採用に力を入れていることを求職者に間接的に示すこともできます。

新潟市の現場での撮影

今回は、写真を通して「高速道路の点検・調査・保全・情報管理を行う技術者集団」としてのプロフェッショナルのイメージを印象付けるために、担当者様と意識合わせを行いながら、現場判断で最適なカットを導き出しました。

実際に撮影した写真がこちらです。

事前に作成した撮影カット案をもとにその場で最適なカットを検討し、撮影しました

湯沢道路事務所での撮影

新潟市での撮影後、湯沢道路事務所に移動し、先輩社員を撮影しました。午前の撮影と同様、事務所での撮影を行った後、現場での仕事シーンを撮影しました。

仕事の魅力が最大限に伝わる撮影場所を探していきます

まずはロケハンを行います。仕事の魅力や会社の雰囲気を伝えるためには撮影場所の工夫が大切です。担当者様から仕事内容についてヒアリングを行いながら撮影に適した場所を探し、撮影場所が決まったら撮影を開始します。

撮影を行う際は、光の当たり方や、立ち位置などを入念に確認していきます。

タブレットで撮影カットを確認し、フォトグラファーに指示を送ります

撮影したカットはタブレットでリアルタイムに確認することができるため、ディレクターがサイトの目的に応じてフォトグラファーに指示を出し、サイトの目的に合致したベストショットを狙います。

また、タブレットで担当者様と写真の仕上がりイメージのすり合わせをすることもできまるため、移りや見え方に問題がないか一緒に確認しながら撮影を進めていきます。

このように撮影したカットをその場で確認することができます

撮影したカットがこちら

湯沢町の現場での撮影

撮影を行う際は、現場の状況に応じて担当者様とコミュニケーションを取り、どんなシーンを撮影するのか臨機応変に検討します。

現場で実際の仕事内容を伺い、撮影カットを決定していきます

撮影するシーンが決まったら、実際に撮影を行っていきます。

魅力的な瞬間をカメラに収めるフォトグラファー嶋田さん

実際に撮影した写真がこちらです。

施設施工管理の様子

その後、湯沢道路事務所近くのトンネルの電気室に移動し撮影を行いました。電気室は、高速道路上の設備に電気を供給するとても重要な施設です。

協力して仕事をする様子は会社の雰囲気を伝えるのに有効です

電気室では配電設備を点検する様子を撮影させていただきました

電気室での構図や光の当たり方などは事前に想定することができないため、フォトグラファーとディレクターでその場で協議し、最適なカットを撮影しました。

現場移動を伴う撮影も可能です

以上で2日目の撮影は終了です。ネクスコ・エンジニアリング新潟の皆様、ご協力いただきありがとうございました。

シアンスでは、遠方の撮影や現場の移動を伴う撮影も承っています。撮影を行いたいが、複数の拠点があり撮影が大変だとお悩みの方でも安心して撮影をお任せいただけます。

Webサイトの改修・制作に伴う写真撮影のことはシアンスのご相談ください。

 

 

関連サービス

この記事を書いた人

佐野直紀

Webコンサルタント

佐野 直紀

株式会社シアンスの執行役員。Webコンサルタントとして、BtoB企業のWebサイト制作を数多く手掛ける。
クライアント企業の事業戦略や採用計画に基づいた、Webサイトの企画・設計・提案を得意とする。