JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

全国に拠点を持つ企業に必要な自社採用サイトとは

橋本彩乃

テクニカルディレクター
橋本 彩乃

ビジネスヒント

現代の社会では、求人に対する応募が格段に少ない、いわゆる売り手市場が生じており、これは企業が直面する大きな問題となっています。人材獲得の困難さは、会社の未来の展望、継続性、そして収益性に直結する課題であり、解決策を模索することが不可欠となっています。

この記事では、人材確保の難しさに直面している採用担当者の皆様に向けて、自社の採用サイトの有効活用と運営について提案いたします。

採用活動で抱える課題

採用活動をサポートする中で、以下のような課題が挙げられます。

  • 企業文化や理念の理解・周知が不十分
  • モチベーションが高い応募者が少ない
  • 内定辞退や入社後のミスマッチが多い
  • 全国に拠点があり各部署・先輩の雰囲気が伝わりづらい

アンケート調査でも人間関係や仕事内容のミスマッチ、キャリア形成の不安で早々に見切りをつけてしまう若手が多いようです。

参考:新卒入社3年以内離職の理由に関する調査|Adecco Group
【新卒1年未満の転職理由ランキング】381人アンケート調査|Biz Hitsのプレスリリース

オンライン化の加速と競合企業との差別化が必須となる環境下で、有効な採用戦略の構築がますます重要になっています。
新卒採用では、説明会がオンライン化されることにより、企業独自の魅力を十分に伝えるのが難しくなっている、と感じている担当者もいるかもしれません。また、ハローワークやリクナビ、マイナビなどの求人サービスを用いたとしても、固定的なデザインや項目により、他社との差別化を図ることが難しくなっています。学生側に対しても、単にエントリーを推奨するばかりで、企業についての理解が追いつかない場合もあるでしょう。
このようなデジタル情報戦が、優秀な人材を獲得する上で大きな影響を及ぼしていることは間違いありません。

全国に営業拠点を持つ企業の場合、配属先の環境を十分に理解できないことで、新入社員だけでなく受け入れる側も予想外の負荷を感じることがあります。また、具体的なキャリアプランがイメージできないために、活躍する前に退職を選択するなど、入社後のミスマッチによる問題も頻繁に耳にします。

自社採用サイトで発信力を強化

オリジナルの自社採用サイトを運用することは、以下のメリットがあります。

まず、自社のブランドと色彩を独自のデザインで強調し、それが企業のアイデンティティを強く伝えることが可能になります。さらに、企業の理念や特色を自由にアピールできるため、応募者がより深く企業を理解することを促すことができます。これは、応募者と企業の間のミスマッチを予防する上で重要な役割を果たします。

また、部署ごとの独自の活動や雰囲気を具体的に示すことで、採用活動をより透明性のあるものにすることが可能です。支店や部署の特性が異なる場合には、それぞれのページを作成し、写真や文章を用いて各部署の特色や取り組みを訴求することができます。これにより、配属される新入社員に対しても事前情報を提供し、よりスムーズな配属を実現できます。

さらに、自社採用サイトは、キャリアについて悩む社員が、先輩社員のインタビューなどを読み返し、その失敗や経験から学ぶ機会を提供することができます。これにより、採用サイトは先輩社員の経験を客観的に観察し、長期的なモチベーションを維持するための有用なツールとなる可能性があります。

シアンスが提供する採用サイト構築サポート

シアンスが提案する採用サイトでは、人材確保に必要なコンテンツが揃っています。

  • 企業理念の理解
  • 事業内容の理解
  • 仕事内容の理解
  • 働くイメージの醸成
  • 長期的なキャリアのイメージの醸成
  • エントリー前の不安の解消

シアンスでは、取材・撮影、文章作成を含むオリジナルコンテンツの作成や、マーケティングツールとの統合といったサービスも提供しております。

サイトの構築過程では、頻繁かつ密接なコミュニケーションが不可欠となります。オンラインが主流になってはいますが、取材や撮影、また各部署との協力のためには、しっかりとした打ち合わせが必要となります。新潟県内であれば、シアンスは直接お伺いすることを基本にしておりますのでご安心ください。

公開後も運用コンサルティングサポートで安心

Webサイトは公開後も、その運用と更新が継続的に必要となります。
これは、日々の業務に組み入れて管理するべき課題と言えるでしょう。多忙な日常業務の中で、サイトの更新は見過ごされがちですが、長期的な視野で考えた場合、更新業務を外部に委託するよりも、社内でその役割を果たすことが望ましいと言えます。社内でサイト更新のスキルを持つ人材を育てることで、会社の細かな変化にも感度良く対応できるようになりますし、業務効率の向上にも寄与します。

シアンスでは、コンサルティングサポートを通じて、専門のスタッフがサイト運用が安定するまで更新の頻度や内容を担当者に合わせてサポートします。

運用の実例についてはこちらの記事をご覧ください。
株式会社植木組様 Webサイト更新システム(CMS)の導入支援を実施

クライアントからの声

採用サイト制作を手掛けたクライアントからは以下のようなお声をいただいています。

  • 採用サイトを見て応募したという応募者が増えた
  • モチベーションの高い応募者が増えた
  • 内定辞退、ミスマッチが減った

自社採用サイトを活用し、効果的な採用活動を展開していきましょう。
まずは採用サイト制作サービスページにてご検討ください。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

橋本彩乃

テクニカルディレクター

橋本 彩乃

開発チームのリーダーとして、システム開発の全プロセスに携わる。ユーザー側とシステム側、両視点からの設計・提案により、成果物の品質を確保する。ドメインやサーバーに関する知見も豊富。