JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

株式会社福田組様で採用サイト掲載用の撮影を実施しました(後編)

佐野直紀

Webコンサルタント
佐野 直紀

現場レポート

お客様プロフィール

法人名株式会社福田組様
本社〒951-8668
新潟県新潟市中央区一番堀通町3-10
創業明治35年1月
設立昭和2年12月
資本金5,158,408,496円
従業員数895名 (2023年4月1日現在)
URLhttps://www.fkd.co.jp/
事業紹介
  • 建設工事の請負、企画、設計、監理およびコンサルティング業務
  • 不動産の売買、交換、賃貸およびその仲介ならびに管理
  • 住宅の建設および販売ならびに土地の造成および販売
  • 地域開発、都市開発、環境整備等の事業ならびにこれらに関する請負、企画、設計、監理およびコンサルティング業務
  • 宿泊施設、スポーツ施設、レクリエーション施設、健康・医療施設等の保有、賃貸および経営
  • 建設用の資材、機器および機械装置の加工、販売および賃貸
  • 前各号に付帯する一切の事業

シアンス、デジタルマーケティング部の佐野です。

前回に引き続き、2023年3月下旬に株式会社福田組様と行った撮影の現場レポートをお届けします。撮影は2日間に分けて行われ、今回はその2日目の記事となります。

本プロジェクトでは採用力強化を主な目的として、企業理念と求職者ニーズを適合させる採用サイトの制作のご相談をいただきました。

1日目の記事はこちら

天気は曇り。この日は午前中のみで三か所を回るスケジュールであったため、1日目よりもさらに計画的な行動が求められる撮影でした。メンバーは1日目と同じ佐野、田口、栗山とフォトグラファーの嶋田さんに加え、この日は福田組様採用サイトの担当デザイナーである中山も参加しました。

福田組様本社にて会長様、社長様の撮影

栗山、田口で試し撮りをしました

この日は福田組様本社での、会長様、社長様の撮影からスタートしました。

こちらは採用サイト用の写真ではありませんでしたが、スケジュールや他の撮影との兼ね合い等から丁度良いタイミングであったため、この日に撮影を行わせていただきました。

企業の代表者の写真は、その企業のブランドやイメージを具現化する重要なコンテンツとなります。撮影前に十分な打ち合わせを行い、企業のビジョンや価値を理解する必要があり、その上で実際の現場では、表情、ポーズ、照明、背景などを調整し、代表者の人格や企業のイメージを適切に反映する最高のショットを狙います。

撮影現場でもイメージ共有は欠かしません

基本的にどのような写真を撮影するかは事前に共有していますが、実際は現場に当初のイメージから変更することも多々あります。いただいた機会を有効活用するためにも、こうした現場での準備は入念に行います。

本社周辺、屋外で社員様の撮影

もちろんシアンスメンバーも撮影に協力します

会長様、社長様の撮影を終えた後は屋外に出て「職種紹介」に掲載する土木技術のイメージカットの撮影を行いました。あらかじめ弊社から指定した服装や小道具をご用意いただいていたため、スムーズに撮影に移ることができました。

天気もあり写真の出来栄えが心配されましたが、そこはやはりプロのフォトグラファー。嶋田さんの技術で素晴らしい写真を撮影することができました。

プロの撮影は天気に左右されません

求職者は採用サイトを訪れた瞬間からその企業への印象を形成していきます。プロの手によって撮影された高品質な写真は、求職者に対して企業のプロフェッショナリズムを伝え、ブランドや信頼性を向上させます。反対に、低品質な写真は否定的な印象を与え、求職者がそのサイトを早急に離れるだけでなく、企業の印象も損なってしまう可能性があります。

ビッグスワンで社員様の撮影

完成度を高めるため背景にはこだわります

続いてビッグスワンに移動し、建築施工管理のイメージカット撮影です。ここでも多くの社員様や、協力会社の方にご尽力いただきました。どんなに事前に準備をしていても、やはり実際の現場は私たちの知り得ない知識や情報で溢れています。そんな時、普段から現場にいらっしゃる方々からいただけるアドバイスには本当に助けられます。

今回事前に共有していたイメージは以下の通りでした。

  • 人数は2名を想定 (主役は若手社員)
  • 図面を見ながら打ち合わせするイメージ
  • 目線は図面(または隣の人物)
  • 背景はダイナミックな現場のイメージ

そして実際に撮影した社員がこちらです。

まさにイメージ通りの写真

まさに事前にイメージした通りの素晴らしい写真です。ご協力いただいた方々のアドバイスもあり、ビッグスワンという現場を見事に活用した、迫力満点の写真を撮影することができました。

写真には、言葉だけでは伝えきれない情報を視覚的に伝える力があります。特に実際の仕事現場の写真は、その雰囲気や特徴を明確に示すことで、求職者の興味を強く引き出すことが可能です。

新潟本店(南笹口)で社員様の撮影

撮影データはタブレットですぐに確認できます

最後は南笹口にある福田組様新潟本店での撮影です。ここまでかなりタイトなスケジュールで進めてきましたが残り時間もあとわずか。クオリティは維持しながらも急ぎつつ撮影を進めていきます。

ここでは2名の社員様に被写体としてご協力いただき、建築設計と建築電気設備のイメージカットを撮影しました。

建築設計のイメージカット。図面作成のシーンです

建築電気設備のイメージカット。配電盤を確認している様子

このように、社員様が実際に業務を行っている状況を撮影し、業務内容を具体的に示すことは、求職者が仕事の現場を理解しやすくする上で非常に有効です。もちろん人だけでなくオフィスの内部や作業現場などが背景にあることも重要で、求職者に自分が働く可能性のある環境のイメージを具体的に訴求することができます。

撮影終了

福田組様新潟本店での撮影を終え、これにて今回の2日間にわたる撮影日程のすべてが完了しました。福田組の皆様のご協力もあり、大きなトラブルもなくスケジュール通りに遂行することができました。

撮影にご参加いただいた福田組の皆様、協力会社の皆様、快くご協力いただき、誠にありがとうございました。

実際に公開した福田組様採用サイトは下記URLよりご覧いただけます。
https://www.fkd.co.jp/recruit/newgrads/ 

撮影を伴うWebサイト制作はシアンスにお任せください

撮影を伴うWebサイト制作について、シアンスは独自の強みを持っています。

設立から35年、Webサイト制作サービス提供から15年という実績と経験を活かし、200社以上の幅広い業界のクライアントに対応してきました。私たちはお客様のニーズを最優先に考え、適切な提案をすることを常に心掛けています。

私たちシアンスは、お客様のビジネスを成功に導くためのパートナーとして、全力でサポートします。撮影を伴うWebサイト制作についてのご相談、お見積もりなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

関連サービス

この記事を書いた人

佐野直紀

Webコンサルタント

佐野 直紀

株式会社シアンスの執行役員。Webコンサルタントとして、BtoB企業のWebサイト制作を数多く手掛ける。
クライアント企業の事業戦略や採用計画に基づいた、Webサイトの企画・設計・提案を得意とする。