JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

3分でできる!Webサイトのパフォーマンスチェック方法

橋本彩乃

テクニカルディレクター
橋本 彩乃

ビジネスヒント

お世話になってます。橋本です。
Webサイトがちゃんと表示されているか、気になりますよね。今回は公開したWebサイトのパフォーマンスチェック方法について紹介します。

Webサイトのパフォーマンスとは

無料ユーザー登録Webサイトのパフォーマンスとは、サイトの読み込み速度、応答時間、ユーザー体験などの要素を指します。パフォーマンスは訪問者の満足度と直結するといわれています。一説によると、1秒の遅延が7%のコンバージョン(問い合わせや電話等の顧客に転換する行動)率の減少を引き起こすとも。
つまり、良いパフォーマンスは訪問者がWebサイトで快適に過ごすための重要な鍵といえます。

Webサイトのパフォーマンスを意識しないことによるデメリット

みなさんはWebサイトを訪れた際に、ページがすぐに開かないとイライラしたことはありませんか?
パフォーマンスが低いと訪問者はサイトを離れる可能性が高くなります。パフォーマンスの低さは機会損失やブランドイメージの損傷につながることもありますし、SEOにも影響を与えるため、ビジネスとしては深刻な問題となります。

Webサイトのパフォーマンスチェックツール

さて、Webサイトのパフォーマンスの大切さを理解いただいたところで、実際にパフォーマンスを測るにはどうすればいいのでしょうか?
以下に私たちが業務で使用しているツールを紹介します。

PageSpeed Insights

Googleが提供するこのツールは、業界標準ともいえる信頼性があります。無料かつ日本語で提供されており、改善するためのアドバイスもわかりやすいことが特徴です。
画面もGoogle検索のようにすっきりしているので迷う必要がありません。

PageSpeed Insightsトップページ

入力欄に計測するURLを入力します。

PageSpeed Insights結果画面

モバイル表示とPC表示、それぞれ分けて計測されます

SEOではモバイル対応が重要とされているので、モバイル時のパフォーマンスはぜひチェックしてみてください!
PageSpeed Insightsを使ってみる

Pingdom

世界中の多くの企業が利用するPingdomは、アクセス元の地域を選択してパフォーマンスを計測することができます。海外向けのWebサイトがある場合はこちらのツールもおすすめです。

Pingdomトップページ

URLを指定するほかに、アクセス元地域を選択できます。


Pingdomを使ってみる

GTmetrix

高度な分析が可能なGTmetrixは、大規模なビジネスに特に適しています。また、無料ユーザー登録することでPingdomのようにアクセス元を指定も可能ですし、定期的な計測やパフォーマンスが低下したときに通知するアラート機能などをカスタマイズできる有料プランもあります。

GTmetrixトップページ

パフォーマンスチェック自体は無料で計測できます


GTmetrixを使ってみる

改善方法

ツールでの分析後、各ツールの結果画面を管理者・管理会社に共有して具体的な改善策の実施を検討しましょう。改善策の多くは画像の最適化、キャッシュの活用、不要なコードの削除などが挙げられます。
指摘によってはWebサイトのデザインや動き、運用方法を見直す必要も出てくるかもしれません。ですが、必ずしもすべてを修正することが最優先事項ではありません。影響範囲やコストなど、複数の視点から対応を検討をおすすめします。

また、指摘された事項だけでなくCMSのアップデートを実施することで改善を見込むこともできます。詳しくは下記記事も参考になさってください。
あなたのビジネスを守るWebサイトのメンテナンス

まとめ

Webサイトのパフォーマンスは、企業の信頼性と権威性を高めるための不可欠な要素です。訪問者が求めるタイミングで適切な情報を提供できるように、ご紹介したツールを活用して、サイトのパフォーマンスを定期的にチェックし、改善に努めていきましょう。

関連サービス

この記事を書いた人

橋本彩乃

テクニカルディレクター

橋本 彩乃

開発チームのリーダーとして、システム開発の全プロセスに携わる。ユーザー側とシステム側、両視点からの設計・提案により、成果物の品質を確保する。ドメインやサーバーに関する知見も豊富。