JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Q&Aスタイルで学ぶSNSとウェブサイトの効果的な連携方法

中山美里

UIデザイナー
中山 美里

ビジネスヒント

コミュニケーションの時代を迎え、ビジネスもまた進化し続けています。その中でも、SNSとウェブサイトの連携は企業の成長に大きな役割を果たしています。しかし、連携方法やその効果を具体的に理解している企業はまだまだ少ないのが現状です。この記事では、Q&A形式でSNSとウェブサイトの連携についてをお伝えしていきます。

Q1:SNSとウェブサイトを連携するメリットは何ですか?

SNSとウェブサイトを連携することで、まずは、ウェブサイトへのトラフィックを増加させることができます。SNSは日々のユーザー活動が高く、適切なコンテンツをシェアすることでウェブサイトへ誘導することが可能です。次に、ブランドの認知度を向上させることも可能です。SNS上での口コミやシェアはブランドの露出を高め、広範囲にブランドを訴求することができます。さらに、SNSは顧客との直接的なコミュニケーションを可能にし、顧客の声を直に収集するための貴重なツールとなります。

Q2:どのようなSNSプラットフォームがウェブサイトとの連携に最適ですか?

最適なプラットフォームは、そのウェブサイトの目的やターゲット層、そして業界や地域によって大きく異なります。例えば、若い世代をターゲットにしたファッションブランドならInstagramやTikTokが適しているかもしれません。一方、ニュースや記事を主にシェアするならTwitterが有効です。大切なのは、自社の顧客がどのSNSを使用しているかを理解し、そこに存在することです。

Q3:SNSとウェブサイトを効果的に連携させるために必要なステップは何ですか?

SNSとウェブサイトの連携を効果的に行うためには以下のステップを踏むことが推奨されます。

①目標設定

目標を設定することが最初のステップです。トラフィックの増加、ブランド認知度の向上、リード獲得など、目指す目標は明確にしてください。ステップの中で一番重要なポイントになります。目標設定がおろそかになると、実際運用を始めた時に何のために運用していたのかわからなくなり破綻してしまうケースが少なくありません。目標を見失ってしまったときに振り返って原点に立ち返えれるようにしっかり設定しておくことをおすすめします。

②ターゲット層の特定

ターゲット層を明確にし、彼らがどのSNSを使用しているかを把握します。

③適切なSNSの選択

ターゲット層の行動を基に、最も効果的なSNSを選びます。
※Z世代の利用率が高いSNSについてまとめた記事はこちらをご覧ください。
Z世代とSNS 採用活動のための新しい戦略

④ウェブサイトとSNSの連携

ウェブサイトにSNSのリンクを設定したり、SNSからウェブサイトへ誘導するコンテンツを作成します。

⑤コンテンツの作成と配信

ターゲット層が興味を持ちそうなコンテンツを定期的に作成・配信します。

⑥広告の実施

SNSの広告機能を利用し、さらなるリーチとエンゲージメントを獲得します。

⑦分析と改善

活動の成果を分析し、必要に応じて戦略を修正します。

Q4:SNSとウェブサイトの連携が成功したかどうかを評価するためには、どのような指標を見るべきですか?

評価指標には以下のようなものが挙げられます。
ウェブサイトへのトラフィック、エンゲージメント率(いいね、コメント、シェアの数)、新規フォロワー数、コンバージョン率(ウェブサイトへの訪問者が購買や問い合わせなど目標とする行動を取った割合)、CTR(広告をクリックしたユーザーの割合)、ROI(投資対効果)…など。
これらの数値を定期的に確認し、必要に応じて柔軟に戦略を見直していきましょう。ただし、SNS連携によるマーケティングの効果はすぐに得られることが少ないです。コストがかかっても定点測定を長期的にやっていくことが重要になります。タイミングを見て自社サービスがSNS連携の前と後でどのように印象の変化があったかなど、ヒアリングをするのも効果的です。
数値に一喜一憂することなく設定した目標とターゲットに有用な良質なコンテンツを発信することが何より大切になってきます。

以上、SNSとウェブサイトの効果的な連携方法について解説してきました。これらの知識を生かし、自社のウェブサイトとSNSの連携をより効果的に進めていきましょう。

この記事を書いた人

中山美里

UIデザイナー

中山 美里

WebサイトのUIデザインを担当。企業サイトのほか、採用サイト、オウンドメディア、医療系サイトなどの幅広い経験を重ね、表現力と使いやすさの両面に配慮したデザインを実践する。