JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

採用市場の新しい動向:キャリア採用サイトとは

橋本彩乃

テクニカルディレクター
橋本 彩乃

ビジネスヒント

お世話になっております。シアンスの橋本です。今日は、採用にお困りのご担当者の方へ、採用市場の新しい動向についてお話しします。

市場の変化と人材獲得の課題

コロナウイルスの影響が収束し、全国的に人の動きが再び活発になりました。この変化は経済界にも大きな影響を与えており、特に人材獲得の点で大きな問題となっています。多くの業界で人手不足が顕在化し、求職者数の減少に頭を悩ませる企業が増えてきました。これは一時的な現象ではなく、技術革新による職種の変化、労働人口の減少、働き方の多様化などの複数の大きな変化による影響といえます。これらの変化は、企業が従来の採用戦略を見直し、より効果的な人材獲得方法を模索するきっかけとなっています。

新卒採用とキャリア採用の重要性

このような状況の中で、人材獲得はますます重要となっており、新卒を対象とした採用サイトだけでなく経験豊富なキャリア採用を対象としたサイトが増えてきています。かつては、日本の多くの企業は終身雇用が一般的でした。しかし、近年は終身雇用の風潮は徐々に減少し、代わりにキャリアの流動性が高まっています。これにより、経験豊かな専門家の求職者が市場に出る機会が増え、企業は新卒採用だけでなく、キャリア採用への注目が必要になってきました。

では、これらの採用サイトにはどのようなコンテンツが必要なのでしょうか?新卒採用サイトと比較しながら、キャリア採用サイトの要素を探っていきましょう。

新卒採用とキャリア採用に共通する要素

採用活動を行う際、新卒とキャリア採用には多くの共通点があります。両者の成功には、企業が候補者に提供する情報の質と量が重要です。まず、どちらの採用プロセスでも重視されるべき共通の要素を挙げます。

  • 企業情報
    企業の歴史、理念、価値観に関する情報
  • 職種紹介
    募集する可能性のある職種や役割に関する情報
  • 研修・教育制度
    キャリアステップや研修プログラムに関する情報
  • 社員インタビュー
    実際の社員の声を通じた、職場の雰囲気や日々の業務についてのリアルな情報

それぞれに異なるターゲットや目的を有するため、コンテンツの内容や表現方法に違いはありますが、いずれも職者が知りたい情報をわかりやすく、簡潔に伝えることが重要です。

新卒採用とキャリア採用で異なる点

一方で、キャリア採用は学生を対象とした新卒採用と異なり、社会人を対象としています。ですから社会人の経験やスキルを活かして活躍できる職種や、キャリアアップの機会を紹介するコンテンツが多く必要です。コンテンツの雰囲気も親しみやすさよりも具体的かつ説得力が重要となります。

新卒採用 キャリア採用
雰囲気 歓迎的 専門的
内容のトーン わかりやすく、親しみやすい 具体的で説得力が必要
特徴的な情報

学生の就職活動に対する不安や疑問を解消する

  • 採用スケジュール
  • インターンシップ情報
  • 選考フロー
  • 内定者座談会

キャリアアップやスキルアップのマッチングを訴求

  • キャリアパス
  • 求められる経験やスキル
  • 企業のビジネス、戦略、役割のより深い情報
  • ライフスタイルとの両立

また、キャリア採用では求職者のライフステージが多岐に渡ることから、子育てや介護などのライフイベントと両立できる働き方を紹介するコンテンツを掲載している企業が多い印象でした。

まとめ

新卒採用は若い才能を確保し、長期的な人材育成を目指します。一方、キャリア採用では、即戦力となる経験豊かな専門家を獲得できます。このバランスは、企業が市場の変動に迅速に対応し、事業を発展・継続するために重要です。企業は柔軟な人材戦略を採用し、多様なキャリア経路を提供することで、優れた才能を引きつけ、維持することが求められています。

このように、新卒採用とキャリア採用は、日本の企業が持続的な成長を遂げるための重要な戦略です。両方の採用方法を効果的に統合することで、企業は変化する市場環境に対応し、競争力の維持に繋がります。

インターネットを活用した転職市場で企業が魅力的な候補として映るためには、両方の採用の特徴を理解し、詳細かつ具体的な情報提供が求められます。つまり、求職者にとって価値ある選択肢となるために、企業は情報提供の質と量を向上させ自社の魅力を伝える努力を続けることが重要です。

 

関連サービス

この記事を書いた人

橋本彩乃

テクニカルディレクター

橋本 彩乃

開発チームのリーダーとして、システム開発の全プロセスに携わる。ユーザー側とシステム側、両視点からの設計・提案により、成果物の品質を確保する。ドメインやサーバーに関する知見も豊富。