JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Webサイトにおけるフォントの重要性

西城孝利

アートディレクター
西城 孝利

ビジネスヒント

Webサイトにおいて、フォントはサイトの構成要素の1つとして重要な役割を果たしています。

フォントはサイトのブランドイメージを表す重要な要素でもあり、企業のイメージに合わせたフォントを使用することで、サイト全体にその企業らしい印象を与えることができます。

さらに、フォントはサイトのアクセシビリティにも大きな影響を与えます。使用するフォントによっては文章が読みにくくなり、ユーザーがサイトを閲覧する際にストレスを感じてしまう原因となります。

適切なフォントを使用することにより、サイトを閲覧する際のストレスを減らすことが重要です。

フォントの種類

フォントには様々な種類がありますが、Webサイトで主に使用されているフォントは以下の2つになります。

ゴシック体

縦線と横線がほぼ同じ太さに見えるようなデザインの書体で、見出しなど目立たせたい文字を強調することを目的として作られた書体です。線の太さが均一のため、遠くから見ても分かりやすく「視認性」が高いという性質を持っているのがゴシック体の特徴です。

明朝体

縦線が太く、横線が細いことが特徴の書体で、はねや払い、縦横の線に強弱があり、ゴシック体と比べると文字に動きがあるります。 線に強弱があるため文字の形を判別しやすく、長い文章を読んでも疲れを感じにくいなどゴシック体に比べ「可読性」が高いという性質を持っているのが明朝体の特徴です。

フォントが与える印象

フォントは、Webサイトのデザインを構成する上で大切な要素です。フォントの使い方によってWebサイトの印象は大きく変わります。

フォントには「力強さ」、「優しさ」、「真面目さ」など様々な個性があり、そのフォントが持つ個性がWebサイト全体のコンセプトとマッチしているかなど様々なことを検証する必要があります。

フォントのサイズや色も、Webサイトに与える印象を変える要素として重要です。小さすぎる、大きすぎる、見にくいフォントを使用すると、ユーザーがサイトを閲覧する際にストレスを感じることになります。また、文字の色が目立たなすぎる、見にくい色を使用すると、文章を読む際にストレスを感じることになります。

このように、フォントは、Webサイトに与える印象を大きく左右する要素となるので、適切なフォントを選択することが重要です。

実例紹介

太いゴシック体と明朝体で「堅実さ」と「歴史」を表現

港湾土木、土木、建築の3分野を展開し、社会インフラ整備を通じて豊かな地域社会の創造を目指す総合建設業、株式会社中元組様のWebサイトです。

長年地域の産業や人々の暮らしを支えてきた「堅実さ」と「硬派さ」を伝えるため太めのゴシックを使用しています。さらにポイントで明朝体を使用することにより150年という長い歴史がある企業であることを表現しています。

制作実績:株式会社中本組様

細いゴシック体で立形研削盤の繊細さと緻密さをデザイン

独自開発の「立形研削盤」など、幅広い研削盤ラインナップで生産現場の課題を解決する、株式会社太陽工機様のWebサイトです。

ミクロン単位の高精度技術を表現するため細いゴシック体を使用しています。さらにフォントと図形を組み合わせることにより、「繊細さ」や「緻密さ」が際立つよう工夫し表現しています。

制作実績:株式会社太陽工機様

丸ゴシックを使用し親しみのあるデザインに

「もも太郎」を始めとした老若男女に愛されるアイスや和菓子などを製造する、株式会社セイヒョー様のWebサイトです。

柔らかく親しみのある雰囲気を出すため丸ゴシック体を使用しています。少し太い字体にすることより「親しみやすさ」や「安心感」といった印象をあたえ、フォントサイズを控えめにすることで「優しさ」を表現しています。

制作実績:株式会社セイヒョー様

Webサイトで上手にフォントを活用するために

Webサイトではコンセプトに沿った情報をわかりやすく伝え、さらに読みやすくしなければいけません。そのためフォントを選ぶ際には、使用する場面やデバイス、文字の大きさや太さなど、さまざまな要素も考慮する必要があります。
文字の大きさや太さを変えることによって、文章のレイアウトや印象も変わるため、文章を読みやすくするためにも、適切なフォントを選択することが重要です。

シアンスではコンセプトや企業の持つイメージに沿ったフォントを選定し、Webサイト制作を行っています。新潟を拠点に、デジタルマーケティングサービスを提供するシアンスは、BtoB企業向けのWebサイト制作で多数実績を有します。コーポレートサイトや採用サイトに限らず、事業戦略や採用計画の課題を解決するサービスをご用意しております。

お気軽にお問い合わせください。

関連サービス

この記事を書いた人

西城孝利

アートディレクター

西城 孝利

大規模から小規模まで様々な業種のUI/UXデザインを担当。
長期運用を想定したデザインコンセプトの策定や、トレンドやUXを意識したWebサイト全体の品質管理を行う。