JavaScriptが無効のため、一部機能がご利用いただけない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

2023年後半 BtoBビジネスを成功に導く! デジタルマーケティングの5トレンド

デジマックス


デジマックス

ビジネスヒント

あとひと月ほどで1年の半分が終わります。つまり残り半分の時間でビジネスをさらなる高みへと導く機会が到来します。技術が進化し、顧客の行動や嗜好が日々変化するのがデジタルマーケティングの世界です。変わりゆくビジネス環境に適応し、目の前のチャンスをつかむためには、常に最新のトレンドを把握し、戦略を見直すことが求められます。

今回の記事では、2023年の後半戦に向けて把握すべきデジタルマーケティングのトレンドを5つ紹介します。

生成系AIのマーケティング活用が本格化する

2023年、話題の生成系AIを用いたマーケティングが注目されている理由は、ユーザーの興味やニーズに合わせたコンテンツを自動的に生成し、マーケティング活動の効率化と効果向上に大きく貢献できるためです。

生成系AIは、テキスト、画像などのコンテンツを自動的に生成することができます。これにより、企業はマーケティング活動にかかる時間とコストを削減することが可能です。また、生成系AIは、使い方によってはユーザーの興味やニーズに合わせてコンテンツをパーソナライズすることができます。これにより、マーケティング活動の効果を高めることができます。

生成系AIは今後、間違いなくマーケティング活動の効率化と効果向上に大きく貢献すると予想されます。そのため可能な限り早いうちに生成系AIによるマーケティング活動に慣れておくことが必要です。

パーソナライズされたマーケティングの重要性が増す

前述の通り、現在一人ひとりの消費者に対してパーソナライズされたメッセージを伝えることが重要視されています。これは、大量の情報が溢れる現代社会において、個々のユーザーが自身にとって本当に価値ある情報を見つけることが難しくなっているためです。

デジタル化の進展により、消費者はより多くの情報にアクセスできるようになり、商品やサービスの選択肢も増えています。そのため、企業は消費者一人ひとりのニーズに合わせて、コンテンツやメッセージをパーソナライズすることで、より効果的にアプローチする必要があります。

生成系AIは、パーソナライズされたマーケティングをさらに効果的に行うためのツールとして利用することができます。これらのAIは、膨大な量のテキストデータから学習し、人間のようなテキストを生成することができます。そのため、企業はこれらのAIを活用することで、消費者一人ひとりのニーズに合わせて、コンテンツやメッセージをパーソナライズすることができます。

ソーシャルメディアマーケティングの活用が拡大する

SNSの活用は常に重要ではありますが、その必要性は今後ますます高まると予測されています。サイバー・バズ社とデジタルインファクト社による最新の市場調査では、2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は前年比117%と大きな伸びを見込むと報告されています。

【市場動向調査】2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は1兆899億円、前年比117%の見通し。2027年には2023年比約1.7倍、1兆8,868億円に|株式会社サイバー・バズのプレスリリース

特にSNSに投稿される動画コンテンツは、企業のメッセージを直感的に伝え、フォロワーとの繋がりを強化するのに有効です。

SNSはリアルタイムでの情報共有が可能であり、その瞬間瞬間のユーザーの反応をすぐに把握し、その結果を次の施策に生かすことができます。またここでも生成系AIの力を借りることでより細かく、そして迅速に対応することが可能になります。

データ分析の活用が拡大する

デジタルマーケティングの成功には、大量のデータを適切に分析・活用することが不可欠です。データ分析はユーザーの行動やニーズの深い理解を可能にし、それを基に次のマーケティング戦略を立てることができます。

データ量は増加の一途をたどっています。これは、インターネットの普及やIoTの進展により、あらゆる場面でデータが生成されるようになったためです。データ量の増加により、データ分析の対象となるデータも拡大し、より精度の高い分析が可能となりました。

データの処理・分析技術の進歩もデータ分析の活用拡大に貢献しています。ご存じの通り最近では、機械学習や自然言語処理などの技術が急速に進歩しており、データの処理や分析がより容易になっています。これにより、データ分析の専門知識を持たないユーザーでも、データ分析を行うことが可能となりました。

データ分析の利点の認識もデータ分析の活用拡大につながっています。データ分析を行うことで、企業は顧客のニーズをより深く理解したり、商品やサービスの開発・改善を行ったりすることができます。また、データ分析を行うことで、企業はリスクを管理したり、コストを削減したりすることもできます。

メタバースマーケティングの登場

「メタバース」、つまり仮想世界が新たなマーケティングの舞台となりつつあります。メタバースマーケティングはユーザーの没入感を高めることが可能で、これまでにない新たなマーケティングチャネルとして注目を集めています。

メタバースでは、ユーザーが仮想空間で相互にコミュニケーションをとったり、商品やサービスを体験したりすることができる従来とは異なるマーケティング手法です。またメタバースは、まだ発展途上にあるため、市場規模は拡大していくと予想されており、そういった背景から企業にとって新たなマーケティングチャネルとして注目されています。

まとめ

以上、2023年後半のデジタルマーケティングのトレンドについてお伝えしました。生成系AI、パーソナライズ、SNSマーケティング、データ分析、メタバースマーケティングといったキーワードを念頭に、各企業が自社に合ったマーケティング戦略を練ることが重要となりそうです。

今後もデジタルマーケティングのトレンドは常に変化します。それぞれの企業が、変化を恐れず、新しい技術や手法を活用し、ユーザーのニーズに応える姿勢を持つことが求められます。弊社としましても、新潟県内のBtoB企業の皆さんのビジネスをサポートするため、最新のマーケティングトレンドを常に追い、情報提供を行ってまいります。

 

関連サービス

この記事を書いた人

デジマックス

デジマックス

デジタルマーケティング部の広報キャラクター。 皆さんの課題解決のサポートを目指して、難しい専門用語やマーケティングのノウハウをわかりやすく解説します。